当時宇佐領であった大墓別符(大塚)に祀られた大塚神社(大塚八幡)

画像

 創建は社蔵の棟札によれば、五十五代文徳天皇の齋衡年間(854~856)土持冠者左衛門尉景綱が、当時宇佐宮領であった大墓別符(大塚)に宇佐八幡を勧請し産土神として祀ったとあります。
 文永元年(1264)飫肥藩祖藤原祐時により再興され、その後文禄二年(1593)、慶安元年(1648)、寬文七年(1667)、宝暦二年(1752)、安永九年(1780)、文化十二年(1815)、嘉永四年(1851)に再興が繰り返されています。
 明治三年冠嶽大権現及び城ノ下天神を遷座合祀され、昭和五十九年には氏子崇敬者の協力により全面改築が行われました。

 祭られているご祭神

品蛇和氣命(ホンダワケノミコト:    応神天皇)
玉依り姫命(タマヨリヒメノミコト:神武天皇の御母) (注) 
息長帯姫命(オキナガタラシヒメノミコト: 神功皇后)

 (注) 宇佐神宮では、宗像三女神(多岐津比売、市杵島比売比売、多紀理比売)が比売大神(ヒメノオオカミ)として二之御殿に祭っていますが、大塚神社では玉依比売が祭られています。

 参道から

画像

 手水場

画像

 拝殿

画像

画像

 狛犬(左)

 立派なたてがみを持って、威風堂々とした狛犬です。
画像

 狛犬(右)

画像

 拝殿内部

画像

 流造の拝殿(13.5坪)と流造の本殿(7.8坪)

画像

 若宮神社

画像

 社務所と神楽練習殿

画像

画像


 社務所脇大楠
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック