阿波岐原に建つ全国2000余の住吉神社の元宮 住吉神社

画像

主祭神

黄泉の国より逃げ帰った伊邪那岐命(イザナギノミコト)が禊払いをされた時に、水面・水中・水底で生まれた綿津見三神と住吉三神、汚れた垢から生まれた八十禍日神、穢れを流す神である神直毘神、大直毘神が主祭神として祀られています。
 
 住吉三神
  底筒之男神(ソコツツノオノカミ)、中筒之男神(ナカツツノオノカミ)、上筒之男神(ウハツツノオノカミ)
 綿津見三神
  底津綿津見神(ソコツワタツミノカミ)、中津綿津見神(ナカツワタツミノカミ)、上津綿津見神(ウハツナカツミノカミ)
 八十禍日神(ヤソマガツヒノカミ)、神直毘神(カミナホビノカミ)、大直毘神(オオナホビノカミ)

当地は、日向灘に望む沿岸に位置しており『古事記・日本書紀』で黄泉の国から地上に戻った伊邪那岐が『竺紫の日向の橘の阿波岐原』の聖地です。 この時、天照大御神を始め住吉三神の他多くの神々が成り出たとされています。

 古歌
  西の海 あはきが原の 汐路より 顕(アラワレ)出(イデ)し 住吉のかみ
                   続古今和歌集 卜部兼直

第14代仲哀天皇の大后 神功皇后の新羅遠征の折り、神のお告げで、住吉三神が皇后の男児(応神天皇)の出産を予言し、さらに『わが御魂(ミタマ)を船の上に坐(マ)せて』と託宣し加護しました。
又、遣唐使船には航海守護として三神を祀りました。

 社殿の創建については、第6代弘安天皇の御代と伝えられており、創建より約2400年という由緒ある神社といわれています。 戦国時代、伊東義祐は飫肥紀行に『あはきが原の波間より 顕れ出でし住吉の神、住吉の里も 近う見え渡り、八重の塩路の松の秋風 冷々として 袖吹き送る』と残しています。
 神社に古くから伝わる(元)という社紋は、全国2000余の住吉神社の元宮である標(シルシ)と伝えられています。

一の鳥居
画像

二の鳥居と石碑
画像

画像

本社祖霊社
画像

画像

慰霊碑と慰霊塔
画像

画像

由緒説明板
画像

社殿入口鳥居
画像

手水場
画像

社殿
画像

社務所
画像

天照皇大神宮
画像

住吉神社
画像

住吉神社拝殿
画像

三社殿(大年神社・諏訪神社・阿蘇神社)
画像

 航海安全の守護神である住吉3神に加えて
⛩️大年神社は
大歳神(稲田姫)を祀った神社で"年"を司る神であり転じて穀物、特に稲(田)の神
⛩️阿蘇神社は
阿蘇都彦命、阿蘇都比売命 他10柱の阿蘇12明神を祀った神社
⛩️諏訪神社は
諏訪大明神(建御名方神、八坂刀売神)を祀り狩猟,漁業の神様
が祀られています。

住吉大神とは

 大阪市住吉区にある住吉大社では、第一本宮に底筒之男命、第二本宮に中筒之男命、第三本宮に表筒之男命、第四本宮に神功皇后が祀られており、住吉大神とは住吉明神=武内宿禰(タケノウチノスクネ)だともいわれています。 
 武内宿禰(84-367)は、邪馬台国から大和朝廷建国にかけた景行・成務・仲哀・応神・仁徳天皇と5代の天皇に仕えた、古事記・日本書紀に登場する伝説的人物で、曽我氏・葛城などの中央豪族の祖とされています。
 武内宿禰は、神功皇后に仕えていましたが、仲哀天皇が亡くなったのち、神功皇后は住吉明神と夫婦の秘め事を行ったと住吉大社神代記に残されており、住吉大社を建てたのは神功皇后、又皇后自身も住吉大神と一緒に住みたいとされ、神功皇后もともに御祭神として祀られています。
 神功皇后は、応神天皇を身籠ったまま新羅成敗に向かわれますが、仲哀天皇の死亡時期と、応神天皇の生まれた時期が合わない為、応神天皇は住吉明神(=武内宿禰)と神功皇后の子供だとする説もあります。

 次に住吉三神に筒(ツツ)の字が使用されていますが、これは星を意味するとする説もあります。
(参考)万葉集の柿本朝臣人麻の歌
 夕星(ユウツツ)の か行きかく行き 大船の.....という句があることからも、星をつつと読んでいました。

三体の星と、神功皇后を祀るとは?

 コンパスもない時代には、オリオン座は地中海地方では方角を知るために、使われており、エジプトの3つのピラミッドの配置と大きさが、オリオン座の三つ星の配置と明るさに対応している事はご存知のとおりです。

 又、どの方向に近い陸があるのかを調べるために、鳥も使われており、ノアの箱船伝説でも鳩を放ち、気の枝を咥えてきた事で陸が近いことを知りました。
 星と鳥を用いるのは海洋民族の特徴であり、オリオン座の三つ星と太陽神への信仰は地中海を中心とする太陽信仰の特徴であると言われています。

三体の星とクリスマス

 12月25日はクリスマスでイエス・キリストの誕生日とされています。
 12月25日を太陽神イエスキリストの誕生日として定めたのは、キリスト教をローマ帝国の国教と定めたコンスタンティヌス大帝と言われています。 BC3500年頃 古代エジプトのホルス神、BC1200年頃 古代ギリシャのアティス神、BC1200年頃 ペルシャのミトラ神の誕生日が12月25日であったため、それに合わせたものとも考えられています。 
 これが、太陽神の誕生日が12月25日となった理由と考えられています。

 新約聖書では、イエスキリストの誕生の際に、東方から三博士がやってきて、明るく輝くベツレヘムの星に導かれ、産まれたばかりのイエスキリストのもとに来て祝福しますが..
『12月25日の早朝(夜明けの晩)に、オリオン座の「三ツ星(三人の博士)」の後に、大犬座の「シリウス(東方の輝く星)」が東方の夜空に昇り、その三ツ星とシリウスが直線に並んで示す下方の方向に、地平線(水平線)から出現する「太陽(キリスト)」の日の出(誕生)を見た』を意味していると考えられます。
 オリオン座の三ツ星と明るく輝くシリウス星の組み合わせは、『人を導く』との比喩にも古代地中海地方で使用されてきました。

 武内宿禰が神功皇后が新羅征伐する際の海上航路の案内をし、又三韓征伐を終えたあと、神功皇后は筑紫で御子を出産しましたが、御子殺害を計画した御子の腹違いの兄弟を撃つために、神功皇后は産まれたばかりの御子(後の応神天皇)を連れて武内宿禰の水先案内で、日向の豪族である諸県君一族を引き連れて倭(ヤマト)に向かう話が神武東征とも考えられています。

大阪市の住吉大社は 誕生石~薩摩藩『島津家』発祥の地~です。

 本年も4月20日午後2時より境内誕生石前にて島津家の方や鹿児島県人会の皆様、関係者参列のもと『島津忠久公誕生記念祭』をご斎行されました。
 丹後局(たんごのつぼね)は源頼朝の寵愛を受けて懐妊しましたが、正室である北条政子の嫉妬により捕えられるところを家臣の本田次郎親経(ほんだじろうちかつね)によって難を逃れ、住吉に至った所で産気づきました。
 本田次郎が住吉明神に祈るなか、局は傍らの大石を抱いて男児を出産します。
 この時、生まれた子が『島津氏初代・島津三郎忠久公』です。
 この故事により、住吉社頭の力石は島津氏発祥『誕生石』とされ、この場所の小石を拾い、安産のお守とする信仰が現在も続いています。
 また丹後局の出産したときに雨が降っていたと言い伝えられており、現在でも九州地方では祝い事や神事の日などに降る雨を『島津雨(しまづあめ)』といい縁起の良いものとされています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック