防犯灯を蛍光管タイプ(20W)からLEDタイプ(8W)に変更

1.班内の防犯灯を管理組合委託から自主管理方式に変更

 2011年4月に現在地に戻ってきた際に、歩道脇自宅敷地内の電柱に設置してある(班で設置した)外灯の管理名義が近所の電気工事店経営者が代表となっている防犯灯管理組合に変更され、管理費として毎年6,400円納入してきたが、LED外灯の普及に先立ち電気工事会社が将来の利益を確保するため(注1)に先に手を廻して管理組合化を進めたとしか思えず2017年3月に九州電力に対し本来の設置者である班(手続き上班長名義で作成した電気料金引き落とし口座の記載名義:酒元○班班長○○◇◇)に変更するよう依頼。 2017年度分から電気料金は口座引き落としにしたばかり。

(注1)管理といっても白熱電球であれば年に何回か、蛍光管であれば年に1回交換するだけでその為だけに6,400円は高すぎる。 又LED化した場合、壊れるまで特に手間はかからなくなるはず。

2.4月11日
 市広報にてLED保安灯が100灯に限定して3,000円(注2)の負担で設置できるとの案内があり、早速応募しました。
画像


(注2)実際には、九州電力等への申請手数料として別途2,000円を業者に支払う必要があり5,000円の負担となります。

3.5月20日
 市より助成決定通知書が届き、早速工事会社に連絡しました。
画像


4.5月23日
 防犯灯交換工事
画像

画像

 照明器具の定格が20Wから8Wになったにもかかわらず、LED照明を従来より低い位置に設置したためか以前より足元が明るく感じられます。
画像


5.電気料金も従来より下がります
 電気料金は従来の40Wまで(250円80銭±調整額)から10Wまで(130円93銭±調整額)に変更が認められた場合、大幅に下ります。 
画像


6.九州電力施工証明書 9VAとされたため、電気料金は10Wまで(130円93銭±調整額)に変更されます。
画像


7.今後の電気料金
  H29年3月まで   6,400円/年 酒元地区防犯灯管理組合 (@800 x 8戸)
  H29年4月から 約3,000円/年 防犯灯の名義を班名義に変更
  H29年6月から 約1,580円/年
 かなり、節約できることになりました。
 節約できる分を今後の防犯灯増設に充てる予定です。
  H29年度 1ヶ所追加し計2ケ所に増設、申請書は既に提出済です。
  H30年度 更に1ヶ所追加し3ヶ所に創設予定です。

P.S このブログをまとめていたところ、区長さんから以下の文書が届きました。
画像

 既に、今年3月に名義を班名義に変更し、電気料金も班口座から引き落とし開始している旨、区長さんに説明した上で当班は出席の必要ないと了解を頂きました。
 後日、出席した班長さんに会議結果を確認したところ、従来800円/一戸だった管理費を1,000円/一戸への値上げを一方的に説明されたとのことです。

外灯の管理組合に対して思う事
5年前に、班長になった際に酒元地区防犯灯管理組合(実質は電気工事店)に出向き、その際には班で何灯設置していようと電気料金込みの管理費は 800円x8戸で値引きはできないといわれたはずが、ある班は15戸程度で3,000円とも聞いています。 又、地区内のほぼ全戸から徴収する管理組合であるにも関わらず、当時の区長に相談したところ『防犯灯の管理は区長の仕事ではない』と言われ、市に相談しても『市は設置の際に補助金は支給するがその後の管理には関知しない。』と言われました。  それで同じ班の元市長にお願いして当時の区長宅に御足労いただき、区長経由で『地区内のほぼ全戸から管理費を徴収する以上、準公金として年度ごとに収支報告書の作成、各班への報告を検討する必要があるかもしれない』との管理組合からの回答は頂きましたが、その後全く連絡がなかっため、今年3月に名義を班に戻したものです。 班によっても状況は異なるでしょうが、班長が毎年変わるのが普通で、管理組合からは管理規約を明記した文書すらなく、班長が変わって引き継ぎの際に申し送りから漏れて『当初の取り決めどおり行われないことがあり...』 
 起きるべくして起こったことです。 各班と管理組合との間で管理委託契約書もない。 組合の管理規約もない。(又は公開、配布されていない) 又 LED防犯灯に変更すれば、電気代の支払いのみで照明器具の管理は(器具の清掃を除き)ほぼ不要となるはずです。 電気代もかなり安くなります。 管理組合の存続について考える時期がきたのではとも思います。

 時々、全国紙の紙面で自治会活動の特集がありますが、町会長経験者が口を揃えていっているのは、自治会として活動すべきは、『防犯灯の管理・ごみ集積所の管理・防災活動』につきる。 それ以外は行政が考えるべきことともいわれます。 以前の区長さんは区長の業務範囲外といわれましたが、今度の区長さんは区長の仕事と考え『区長名で文書を配布』してきました。 区長さんによって区長の業務範囲が異なるのでしょうか?
 参考までに西都市の『西都市政連絡区長設置規則』では、
画像

 (1)広報誌の配布...
 (2)周知事項の伝達及び掲示....
 (3)区域内の所帯数の把握
 (4)各種調査及び報告.....
 (5)....市長が必要と認める事項
となっており、その必要性すらよく理解できません。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック